一般社団法人 美夜古青年会議所

年間基本方針





 写真
専務理事
石 塚 貴 仁

  •  「明るい豊かな社会」の実現というJCの基本理念を継承し、運動を展開して行くためには、単年度制による年度ごとの組織改編をさらに強みにしなければなりません。そのためには、メンバー相互で対話を積み重ね、率先して行動し、共に汗を流すだけではなく、行政や他団体との連携を密にし、揺るぎない信頼関係を構築して行くことにより、この地域に根ざす奉仕団体として、誰からも必要とされる強固な組織を創造することが必要です。
     まずは、理事長が滞りなく公務に専念できるように、全てのスケジュールを管理しセクレタリーを行います。そして、会を円滑に運営するために、事務局長と連携を取り、風通しの良い組織を構築します。さらに、メンバーが率先して行動するために、LOM内は勿論、日本JC・九州地区協議会・福岡ブロック協議会や行政・他団体からの情報を正確に集約し、連絡調整を図ります。また、理事会を円滑に運営・進行するために、議案書を取りまとめ事務局と連携をとり、理事会の設営及び議案書の配信を行います。そして、メンバーが率先して各種大会に参加できるように、漏れのないよう登録・準備を行います。さらに、例会・総会を滞りなく遂行できるように、委員会を統括し、委員長に、会としての方向性を指し示します。また、大規模災害が発生した時に、適切かつ迅速な対応をするために、緊急災害時の窓口となり、日本JCをはじめとする各上部組織、関係する社会福祉協議会や自治体と密に連携をとります。そして、この地域の方々に私たちの活動を共感していただき、1人でも多くの同志を増やし共に活動していくために、会員拡大を行います。
     私たちが率先して行動し、対話を積み重ね、共に汗を流し、地域の方々や行政・他団体と揺るぎない信頼関係を築くことが、個人として、JCとしての誇りを育み、強固で機動力のある組織へと成長を遂げ、「明るい豊かな社会」の実現への一助となると確信します。



 写真
副理事長
高 城 雪 伸

  •  近年、私たちを取り巻く環境は物質的に豊かになりましたが、自己肯定感や幸福実感力が低く、日本古来の「志」や美しい精神性が希薄化しているといえます。また、他国の方々との相互理解や近隣諸国との領土・領海などの諸問題についてもいまだ解決には至っていません。だからこそ我々JAYCEEが、その精神性や公共心を内包する「志」を育むとともに、これまで以上に多文化交流の機会を創出することが必要ではないかと考えます。
     まずは、美夜古JCが今まで以上に、私たちの活動地域から必要とされる団体となり続けるために、理事長と連絡を密に行ない、組織全体の意見調整と意思統一を図ります。そして、それぞれの委員会の運営がスムーズに行なわれ、メンバー一人ひとりが達成感ある一年を実感できるように、担当委員会を統轄し、委員長に会としての方向性を指し示します。さらに、志民育成委員会では、躬行・対話・共汗を通して人間力溢れるひとを育成するために、ひとづくり事業を開催し、社会に起こる様々な事象を自分ごととして捉えるとともに、当たり前の日常を見つめ直し、それに感謝し、次へのアクションにつなげる機会を創ります。また、多文化共生委員会では、世界中の多様な文化を背景とした人々が互いを尊重し合い、友情を育むと共に、次代を担う子どもたちに世界の広さ、奥深さを実感していただくために、多文化共生事業を開催し、地域に暮らす外国籍の方々とも交流できる機会を創ります。そして、美夜古JCの運動を継続して発信するために、メンバー一人ひとりが本気で会員拡大を行ない、この地域を豊かにしていくさらなる活動基盤を創ります。
    このようなJCだからこそ出来る様々な学びや出会いの機会を創ることで、他者の笑顔を自らの喜びとする、誇り高き志民を育成します。そして、私たちが自国に対する誇りを高めることにより、多様な文化を享受できる強くてしなやかな共生の価値観を創造します。



 写真
副理事長 兼 50周年特別準備室 室長
古 畑 英 俊

  •  来年、一般社団法人美夜古青年会議所は50周年の節目を迎えます。それは、青年としての英知と勇気と情熱をもって、まちづくりに取り組んできた先輩方の軌跡です。先輩達が創り上げてきたものに誇りを持ち、継承しつつも、時代をリードし、「明るい豊かな社会」の実現に向け、発展的な事業を創造しなくてはなりません。そして、地域の可能性を最大限に生かしたまちづくりを展開し、シビックプライドを育む事業が必要だと考えます。
    まずは、美夜古JCが強い結束力を持って運動を展開するために、組織全体の意見調整と意思統一を図ります。そして、躬行・対話・共汗による誇り高き社会の創造を実現するために、事業の問題点や改善点を見直して、担当委員会を統轄し、委員長に会の方向性を指し示すことで事業を成功へと導きます。さらに、美夜古の素晴らしさを地域の皆様に感じていただき、シビックプライドを育んでいただくために、地域の魅力やここにしかない桜並木を最大限に生かした桜スマイルフェスタを開催します。また、事業構築において、企画・準備段階からこれまで以上に、地域の多様な方々に参画していただくことで、住民同士のつながりを密にし、地域の方々が真の主役となる事業にします。そして、本年度から創立50周年に向けて、更なる高みへとつなぎ紡いで行くために、創立50周年記念式典・祝賀会・事業等の準備をし、来年度へ最良・最適な状態で引継げるようにします。さらに、美夜古JCメンバーであることの誇りを高めると共に、躍進につなげるために、創設当時から現在に至るまでの想いや取り組みを振り返る、11月例会アワーを開催します。
    地域の皆様が「躬行」「対話」「共汗」で共に事業を行うことが、ふるさとを担う当事者意識を生み、シビックプライドを醸成します。そして、地域の多様な可能性を最大限に生かすまちづくりができ、成熟した持続可能な地域社会の創造の一助になると確信します。



 写真
事務局長
富 田 道 孝

  •  美夜古青年会議所は、平成26年度に一般社団法人へと移行し、地域の方々から信頼される組織をめざして、様々な運動を展開してきました。この運動を継続し明るい豊かな社会の実現に向け前進していくには、健全な財務管理と支出計画を行うと共に、時代のニーズに柔軟に対応できる組織体制を取っていく必要があります。会における事務局の責務は、その時々において組織が取るべき管理体制を確立して、実践していくことだと考えます。
     まずは、LOMの運営を円滑にするために、専務理事を補佐します。そして、メンバーの会費を財源とするLOMの予算を用いて、各委員会が充実した運動ができるように財政管理を行い、年間収支予算書を作成します。さらに、各事業で作成される予算書の中で不必要な支出を抑え、決算書での計上漏れを防ぐために、予算及び決算の検証を行います。また、今以上に我々の運動を多くの方々に認知していただくために、ICTなどを活用し美夜古JCの魅力を効果的に発信します。そして、限られた時間で率直な意見を出し合い、より完成度の高い事業を構築していくために、理事会の出欠管理を確実に行い、円滑な運営及び設営に努めます。さらに、重要な議事内容を理事メンバーで共有し、事業計画及び事業報告の円滑な作成ができるように、正確かつ迅速に議事録を作成します。また、全メンバーに会員拡大の当事者意識を自覚していただき、多くの会員拡大につなげるために、例会アワーを開催します。そして、次年度の美夜古JCが円滑な運営をできるようするために、理事長予定者及び理事役員予定者を承認していただく8月通常総会を開催します。
     透明性あるLOMの財政管理や充実した組織の運営が、我々が発信する事業を成功へ導きます。そして、美夜古JCが組織として強固な基盤と柔軟な対応力を確立し、メンバー個々が次代を担う責任を自覚することで、地域を力強く牽引する団体へ成長すると確信します。



 写真
組織創造委員会委員長
高 瀬 礼

  •  近年の美夜古JCは、歴の浅い会員の増加などから来る継承力の低下により、「明るい豊かな社会」の実現という重要な使命がメンバー間に浸透しきれていないように思います。また、互いへの感謝や敬愛の念が薄れ、自己成長の機会を十分に活かしきれていないだけでなく、様々な地域活動を展開しているにも係わらず、認知度が低いように思います。今こそ、私たちは、地域に認められ、より強固な組織へと成長する必要があると考えます。
    まずは、委員の意見などを集約するために、月1回以上の委員会を開催いたします。そして、メンバーが積極的に参画し、LOMの活動状況や情報を共有するために、例会及び総会の円滑な設営・運営を行います。さらに、昨年度の決算・本年度の方針・人事・予算を承認していただき、新たな1年のスタートを切るために、1月定時総会を開催いたします。また、理事長の所信表明をすることで、LOMの方針を来場の皆さまに理解していただくために、新春祝賀会を開催し、来場者と親睦を図り信頼関係を深めます。そして、福岡ブロック協議会の運動を推進すると共に、第一エリアの会員相互の親睦をより深め、結束力を高めるために、第一エリア合同例会を共同開催いたします。さらに、日頃からご支援・ご協力をいただいているOBの方々へ活動報告を行い、さらなる親睦を深めるために、6月OB合同例会を開催いたします。また、卒業される方々の功績を称え、私たちが想いを引き継ぐために、12月卒業式を開催いたします。そして、私たちの活動を、あらゆる手段を通じてPRを展開し、共に活動していく仲間を増やすために、会員拡大を行います。
     担いを全うすることで、地域に認められ、誇りとなり、貢献しているという自負が、自身の成長を実感することになります。そして、地域からより必要とされる組織へと成長することで、誇り高き強固な組織の創造から「明るい豊かな社会」の実現に寄与できます。



 写真
志民育成委員会委員長
小 堤 千 寿

  •  近年、我々を取り巻く環境は大きく変わり、便利で快適な生活環境になってきたことに伴い、人と人との触れ合いや、周囲との接点が減ってきました。そのことは地域住民や子どもたちの自己肯定感や幸福実感力を低くさせ、利他の心を希薄化させている要因であると思います。だからこそ人と人とのつながりの大切さを今一度考え、地域に関わる全ての人が、利他の精神や公共心を内包する「志」を持ち成長していく必要があると考えます。
    まずは、毎月一回の委員会を開催し、ひとづくりと会員拡大を念頭に対話を通じて、メンバーの思いを具現化することを大切にし、例会や事業を構築していきながら、達成感や一体感のある委員会運営に努めます。そして、地域社会に対してより視野を広げ、自分への誇り、自己肯定感や幸福実感力や「志」を育み、地域に貢献できる人材へと成長していただくために、2月例会アワーを開催し会員出席率100%をめざします。さらに、メンバー同士の交流や新入会員との親睦を深め、美夜古JCの絆をより一層強固なものにするために、スポーツを通じて、人と人とのつながりの大切さや利他の精神を育んでもらえる、5月例会アワーを開催します。また、より一層地域社会に貢献できるJC運動を展開していくために、奉仕、修練、友情を通じ、共に成長と活動のできる同志を一人でも多く増やせる機会をつくり会員拡大をめざします。そして、子どもたちやこの地域に住む方々に、人間力溢れる志民へと成長していただくために、美夜古地域にもっと興味や関心を持ち、愛情を深め、誰かの笑顔を自らの喜びと実感できるひとづくり事業を実施します。
     我々が「志」を大切にし、自己成長や人間関係の向上に努め、JCだからこそできる様々な学びや出会いの機会を通じ発信することで、人や美夜古地域に関心を持つことへの一助となり、ひいては他者の笑顔を自らの喜びとする誇り高き志民への育成に繋がると確信します。



 写真
多文化共生委員会委員長
永 野 敬 晃

  •  未来のオリンピック・パラリンピック開催に向け、世界とのつながりが益々強くなっていく中、多様な文化を背景にした人々との交流は確実に広がり、活性化していき、美夜古の地でも、さらに実りのある多文化交流が必要だと考えます。そして、世界の人々との交流を広げると共に、未来を担う子どもたちに世界の広さ、奥深さ、自分たちの住む国や地域に対する誇りを高め、多様な文化を享受できる機会を創出することが必要だと考えます。
    まずは、個人の考えや概念に固執することなく仲間との関係を密にし、多くの意見を集約・発信するために、毎月1回以上の委員会を開催し、よりよい例会・事業を創っていきます。そして、自国への理解をさらに深め、世界中の人々と実りある交流をするために、日本の歴史・伝統・文化、日本人の持つ素晴らしい精神性といった日本(人)らしさや、世界から評価される日本(人)の強みを学ぶ4月例会アワーを開催し、日本国民としてのさらなる自負と誇りを醸成します。さらに、この地域に住む次代を担う子どもたちと、地域に居住する世界中の多様な文化をもった外国籍の方々が、お互いを尊重し友情を育むと共に世界の広さや奥深さを実感していただくために、8月多文化共生事業を開催し、自国だけの価値観にとらわれない世界との絆を築く未来への架け橋へとします。また、近隣諸国との解決していない問題が多数ある中、しっかりとした歴史認識を養うと共に、国際情勢にとらわれない地域との民間外交を活性化し醸成するために、地域と連携した10月例会アワーを開催し、我々独自の民間外交による恒久的世界平和へ向けての意識を学びます。
    多文化交流の機会を創出することで、世界中の多様な文化をもった人々との接点が増え相互理解への一助となります。そして、自国の誇りを持ち我々や未来を担う子どもたちが、躬行・対話・共汗の心をもつことで、強くしなやかな価値観を創造できると確信します。



 写真
シビックプライド醸成委員会委員長
伊 東 正 博

  •  私たちの活動拠点である行橋市・苅田町・みやこ町は、豊かな自然に囲まれた魅力と可能性が溢れる住みよい地域です。しかし、その魅力に気づかずに否定的に語る人々が少なからずいます。このままでは、近い将来、人口減少へと拍車がかかり、地域の活力が失われていく事を危惧する声もあります。今一度、地域の人たちが美夜古の魅力を実感するとともに、郷土愛を育みながら、地域の活性化につなげていくことが最重要だと思います。
     まずは、シビックプライド醸成委員会メンバーがまちづくりに対する意義と想いを共有し、地域の多様性を最大限に活かすための委員会を開催します。そして、美夜古JCメンバーが桜スマイルフェスタに向けて誇りを持って取り組むために、全体委員会を開催し、まちづくりに対しての参画意識を持っていただきます。さらに、次世代を担う子どもたちを中心に地域住民の方々が積極的に参画することで、美夜古の魅力を実感していただく機会を創ります。また、今川河畔で精いっぱい咲き誇る桜並木を最大限に活かし、幻想的に輝く竹あかりと情緒が溢れる風景と相まった、魂の事業である「桜スマイルフェスタ2017」を開催します。そして、この事業を通じて地域の特産品や文化を発信し、将来的な地域活性化へと繋げていくために、地域の方々が一体となって創りあげる事業にします。さらに、この地域がいかに交流人口を増やし、定住人口を増加できるのかを考え、持続的に「稼ぐ地域」や「人びとを魅了するまち」にするために、様々な角度から地域活性化を促す具体的な方向性や解決策を考え、導き出す機会を創る9月例会アワーを実施します。
     地域の人たちが真の主役となることで美夜古に対する郷土愛を育み、まちに対する誇りを抱いてもらえるようになります。また、この地域の可能性を最大限に引き出し、交流人口や定住人口の増加を促し、持続可能な地域社会の創造へと繋がることを確信しています。