2021年度 年間基本方針(7)

HOME | 基本情報 | 組織図 | 年間基本方針(7)

POLICY

/ 年間基本方針

 
 
 
 
 
 
国際・ひとづくり委員会 委員長

村上 優貴  Yuki Murakami

 
国際・ひとづくり委員会 委員長

村上 優貴
Yuki Murakami

 

 現代日本の発展は、私達の暮らしをより豊かにより便利にすると同時に、努力を続ける事や、目標に向かって取り組む活力を衰退させたように感じます。美夜古の未来のために、担い手である子ども達に、向上心を育む機会を創出する必要があります。また、本年度は東京オリンピック、パラリンピックの開催が予定されており、日本は世界中から注目を集める事になります。より一層、多様な文化や国民性を柔軟に受け入れる必要があります。

 まずは、委員会が一丸となって国際交流・ひとづくりへの意識を高めるために、月一回の委員会を開催し、情報共有と方向性の統一を行います。そして、2021年度の理事長所信を表明し、美夜古青年会議所の組織や活動方針をご来場の皆様方にご理解していただき、ご来賓、美夜古青年会議所OB会、他LOMの方々との親睦を深めるために、美夜古青年会議所の魅力を発信する事が出来る新年式典を開催し、他LOMや地域社会と連携・協力していく体制作りを行います。さらに、子ども達が自ら考える力や、諦めない精神力、主体的な行動力等の向上心を養うために、体験を通して自ら学べる内容の青少年育成事業を開催し、次世代の美夜古を牽引する人材を育成します。また、多様な文化や国民性を柔軟に受け入れる精神性を養うために、姉妹締結を結んでいるJCI金海と、継続46年目の国際交流事業を開催し、民間で出来る外交を通して引き続き深い友情を育みます。そして、協働できる会員を一人でも多く増やし、地域発展や美夜古青年会議所の存続につなげるために、メンバー全員で会員拡大を行い、より大きな活動を出来る団体を目指します。

 子ども達が自ら体験し学ぶ事の出来る事業を構築する事で、向上心を持ち、次世代の地域を牽引する人材を育成します。さらに、今出来る国際交流の形を模索し、時代に対応した多文化共生社会を創造することで、明るい豊かな社会の実現に寄与出来ると確信します。